HOME > 支援の内容

椎茸栽培


就労継続支援(B型)事業

障害のある方が、作業を通じて仕事に関する知識や個人の技能を身につけ、将来的な就職に向けての支援をしていきます。具体的な支援内容としては、仕事を行う上での作業・技能に関するスキルアップや、報告・連絡・相談といった職業人としての資質の向上を図るだけでなく、同じ仕事仲間との協力や調和を保つための作業態度や礼儀に関する支援も行って行きます。

椎茸の収穫作業
椎茸の収穫作業

造花の組立作業
造花の組立作業

紙製品の封入作業
紙製品の封入作業

就労移行支援事業

障害のある方で一般就労を目指す方について、施設内外での作業を通じて就労に求められる技術や能力の習得のために必要な訓練を行います。また、一般就労に必要となる技術や能力が高まった方に対して、公共職業安定所(ハローワーク)や障害者就業・生活支援センター等の関係機関と連携を図り、能力適性や本人の要望に応じた就職先についての求職活動の支援を行います。さらに、就職後も職場への定着を促進するため、関係機関と連携して、職場訪問や家庭訪問等により、職業生活に関する相談などの支援を行います。

はっぴいエコプラザ
はっぴいエコプラザ

モンテ
モンテ

自立訓練(生活訓練)事業

障害のある方が、自宅やグループホーム等において、豊かで安心した社会生活を送ることができるために必要な生活スタイル全般の支援を行います。具体的な支援内容としては、朝起床してから夜就寝するまでの日常生活に必要な洗顔、着衣の脱着、家事などのスキルアップのための支援、あるいは余暇活動や消費活動のために必要な社会資源の利用方法(公共施設やスーパーマーケット等の利用方法など)を学ぶ支援などを行います。

日中一時支援事業

障害のある方(児童を含む)を介護している家族の方々が、社会的理由または私的理由によって、自宅等で介護が一時的に困難になった場合、当施設で障害のある方を受け入れ日中活動の場を提供し、介護する家族の方々の負担の軽減を図るとともに、障害のある方の見守りや社会に適応するための日常的な訓練等の支援を行います。

サービスの利用方法について

当施設を利用するためには、事前に担当者との面談による相談のほか、施設の見学や作業の体験をしていただく必要があります。
事前の面談や施設見学等を踏まえた上で利用する場合は、お住まいの市町村の障害福祉担当課にご相談・利用申請等をしていただき、障害福祉サービス受給者証の発行を受けてください。障害福祉サービス受給者証の発行を受け、当施設との利用契約を行えば利用が可能となります。なお、対象者の条件や利用料については、次のとおりです。現在、利用者を募集していますので、まずはお気軽にご連絡ください。

対象者

身体障害者、知的障害者、精神障害者の障害の区別は問いません。
就労継続支援(B型)事業の条件
・就労経験のある人で年齢・体力面で仕事をすることが困難な人
・就労移行支援事業を利用したが就職に結びつかなかった人
・50歳以上の人
・障害年金1級を受給している人
・上記以外で、地域の事情により市町村が利用可能と判断した人

就労移行支援事業の条件
・就労を希望する人で単独で就労することが困難である人
・就労に必要な知識及び技術の習得が必要な65歳未満の人

自立訓練(生活訓練)事業の条件
・入所施設、病院を退所・退院し、地域生活への移行を図る上で、生活能力の維持・向上などの支援が必要な人
・特別支援学校を卒業した人や継続した通院により症状が安定している人のうち、地域生活を営む上で、生活能力の維持・向上などの支援が必要な人

日中一時支援事業
知的障害を持っている方及び知的障害を持っている児童の方

利用料について

障害福祉サービスの制度上、原則として1割の自己負担があります。ただし、世帯や個人の収入の状況により自己負担額の軽減措置の制度がありますので、詳しくはお住まいの市町村の障害福祉サービス担当窓口までご相談してください。施設の昼食(給食)をご利用される場合は、1食200円をご負担していただきます。

送迎サービスについて

施設までの通所の交通手段のない方については、お住まいの場所によりますが送迎のサービスを実施していますので、お尋ねください。